自己処理を続けていると、毛が太く濃くなるような気がします。

生まれつき毛深い方ではないのですが、ふくらはぎの表面は結構毛深いのです。

夏場は足が目立つ服装が増えるので、処理しなければならなくなります。しかし脱毛サロンへ行くほどではないので、自己処理しています。

使うのは女性用のT字型カミソリです。資生堂のプリペアというカミソリを使います。まず、ボディクリームをふくらはぎの表に塗ってから、ムダ毛を剃っていきます。

剃った後に、刺激の少ない化粧水をぬりボディクリームを塗って終了となります。仕上がりは、スベスベしツルツルになります。

しかし、この状態が続くのはニ、三日でして、徐々に毛穴から小さなムダ毛が生え始めます。何となくチクチクします。この状態でスナチュラルカラーのストッキングとか履くとストッキングの編み目から毛穴が飛びだすのでは無いかと心配になります。

しかし、また自己処理するには時期が早いし、こんな状態の間は夏場なのに黒いストッキングを履くか、パンツスタイルでとおすかになります。

また、処理した後に生えてくる毛が以前よりも太く濃くなってきているように思え、今のような自己処理を繰り返していると、どうなるんだろうと不安になります。

毎年、夏はこんな感じで自己処理しています。不思議なもので秋口になり自己処理をしなくなるとふくらはぎの表のムダ毛が細くなっていて目立たなくなるのです。

秋以降はほとんどパンツスタイルなので、手入れもあまりしなくなります。ムダ毛といえば、脇の下にも以前は生えていました。

しかし、50代を過ぎた辺りからホルモンの関係なのでしょうか、いつの間にか生えてこなくなったのです。以前はやはりカミソリで自己処理していたので、今はノースリーブを着る時も手入れしていなくて気にしなくていいので、とても楽です。

ただ、右脇の真ん中にたった一本ですが毛が生えてくるので、この一本を処理するのが結構大変です。

はじめは毛抜きで抜くことを試みましたが上手く行かず、結局T字型カミソリで剃ってます。

たった一本ですがムダ毛に変わりは無く、結構てこずってます。この1本だけのために医療レーザー脱毛してみるのもありかなとは思っているのです。

私の住んでいる小倉で医療レーザー脱毛はどこがいいのかな?って調べていると、【レーザー脱毛小倉】こんな分かりやすいサイトを見つけましたよ。

ローンで夢の実現を・・・

職業カメラマンをしている為、機材購入の際にローンを組むことが多々あります。購入するものは、カメラ本体 / レンズ部分 / 周辺機材など多岐に渡ります。

キャノンやニコン等の純正品を新品で購入しようとすれば、一つ一つの機材の価格が割高になります。その上、消耗品でもあるので特定の機材に寿命が来た際は、買い換えが必要です。中古品を購入する事もまずありませんので、ローンを使用します。

初期購入として機材を揃える場合は、更にお金が必要になります。ですので、なるべく1ローンにおける負担を減らしたいという視点でローンを組む検討を始め、購入に至ります。

最近は、機材の購入でもインターネットショップと提携のローン会社が低金利キャンペーンを行っていることもあるので、そちらを利用することが多いです。個人的には引き落としでの月々の支払いを利用することは少なく、振込用紙での支払いにすることで、毎月の支払い金額を可視化するようにしています。

上記の場合のみに関わらず、個人的にローンを使用する際の最大の利点は、収入と相談の上、毎月の支払い額だけをコントロールしていれば、実際の収入以上のモノに手が届く点だと考えています。物欲を満たすだけではなく、将来の目標や夢、新しい職業へのスタートアップの手助けにもなるものだと思います。道具をまず揃えること。

しかし、やはりそこにはある程度の軍資金が必要になる事は少なくないと思います。個人でノマドワーカー的にお金を稼ぐ人が増えているいまだからこそ、ローンを組む事、これを上手く利用していく事で、自分をブラッシュアップさせていけるのではないでしょうか。

あくまでも収入との相談の上でのローンですが、何かの勉強の傍、その夢の実現の為に、少しずつ機材や必要な道具を揃えていくことができるかと思います。個人的にもよくローンを使用した事で、いまの職業が成り立っている部分は大きいので、目標達成までのオススメの道のりの一つだと思います。

消費者金融のように無利息ローンばっかりだったら良いんですけどね。

バイクってお金がかかる

バイクってお金がかかる・・・しかも奥さんに理解されないんですよね。「無駄遣いじゃん!」って何回怒られたことか。でも、いろんなバイクのマフラーをみたりエンジン音聞いたらほしくなっちゃううんですよね・・・。ってことで、奥さんんに秘密でお金を借りています(‘ω’)ノ

キャッシングができる業者には最近、銀行系による借入商品が目立ってきました。この場合はカードローンが主流となりますが、小額で利用ができるものが多くなってきており、キャッシングとして紹介をされているものもあります。

銀行系での借入ができるもとしては地方銀行や大手銀行、信用金庫などでも様々なものがあります。カードローン以外にもいくつかローンと呼ばれるものもありますね。しかし、同じローンといっても限度額内で何度も貸し借りができるものと、一度きりの借入であとは返済しかできないものもありますので利用を検討する場合は内容をよく確認をしましょう。

銀行系では申し込みから利用までやや時間がかかるので、すぐに利用をしたいという方には不向きな面もありますが、利用ができるようになると利息の利率が低く返済の負担が軽くなりやすいです。

また、銀行系は総量規制の対象とはならないため、他にもまとまった借入がある人が新たに借入をしたいと考える場合、利用がしやすいという面があります。だからといって、借入ばかりをしてしまえば生活が立ち行かなくなるので金銭管理には十分注意が必要です。

魅力的でキャッシングをするには銀行系で良いのでは考えるかも知れませんが、利息が低いというメリットがある分、審査は慎重であり金融業者系よりは利用が難しい場合もあるようです。

しかし、よほどの問題がなければ小額でも利用が出来る可能性も高いのではないかと思われます。

休日はツーリングチームでちょっと遠出・・・この時間がかけがえのない時間なんです!そのために働いているんだから、奥さんに文句なんて言わせない!